Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/03«2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯を食いに?いや、一応ライブを見に。

1月30日も六本木BRAVE BARでのライブを見に。
昨年末から、ともろー氏関係(珍獣ファミリーと呼ぶ)の
ライブ参加頻度が非常に高い。

今回もとにかく盛り上がった。ライブ詳細は以下のブログで。
 ともろーさん→1 2 3
 夏音(カノン)さん→1 2
 音羽(おとは)さん

BRAVE BARこの日限定の特別メニュー。
かじき鮪の竜田揚げ・大葉おろしポン酢、豚しゃぶサラダ、
豆苗(とうみょう)のお浸し、浅漬け、ごはん、卵入り赤出し。

付け合わせだけも十分満足なのがいい。
メインディッシュのかじきまぐろの立場が(笑)。

本日のBRAVE barの特別メニュー。カジキの竜田揚げを中心に豪華な定食。

サリンジャー氏死去

サリンジャー氏死去 「ライ麦畑でつかまえて」の作者

20世紀米文学を代表する小説「ライ麦畑でつかまえて」で知られる作家、J・D・サリンジャーさんが27日、米北東部ニューハンプシャー州コーニッシュの自宅で死去した。91歳だった。同作を書いて以降、ほとんど作品を発表せず、隠とん生活を送っていたため、生きながらにして伝説の作家になっていた。 
1月29日 毎日 産経 報知

日本でも多くの若者に愛読された「ライ麦畑~」。 
そのサリンジャー氏がまだ生きていたというのも驚きだが、
寡作でここ半世紀近くは隠遁生活を送っていたというのも意外。
日本でも作家とか漫画家で、大ヒット作以後は表舞台から姿を消す例はあるけれど、
やはり世間からの注目に疲れ、期待とのギャップに悩む部分も大きいのだろうな。

テキサスバーガー

食べる機会ぜんぜんねえな。
職場近くにマックもないし。帰る頃には売切れだし。
やっぱり普通の勤め人には不利だ(苦笑)。

数量限定で希少性を醸し出したのが作戦か偶然なのか知らぬが、
マックは「してやったり」だろうな。

アキバ。

久しぶりに休日の秋葉原へ。
例の事件以後、ホコテンが廃止され、歩きにくくなった。

やっぱりヲタと中国人観光客とメイドカフェのビラ配りの女の子だらけだね。

秋葉原駅前。アニメ映画の看板の下にはオタクが群がる食べ物の屋台。

家のパソコンをパワーアップすべく、メモリを買った。
路地裏のジャンクショップで格安のを見つけ、帰宅して付けてみたら動かない。
この試行錯誤がパソコンの醍醐味でもあるが。

豚汁。。。。

作り過ぎた(爆)。大鍋にいっぱい、10人前以上はある。
これから3日くらい豚汁三昧の日々か。

豚汁作りすぎた。

おニャン子復活?ぜいたくだ

おニャン子クラブ復活 国生、新田らが「セーラー服を脱がさないで」ボス新CM

新田恵利さんや国生さゆりさんら80年代に人気を博したアイドルグループ「おニャン子クラブ」の元メンバー11人が、サントリーの缶コーヒー「ボス 贅沢微糖」の新CMに、俳優の伊藤淳史さん(26)と出演している。
→2010.1.23 毎日 オリコン

おニャン子が解散して既に24年。
当時ファンだった男たちが今まさにTV制作の中枢にいるであろうことも、
今回の“復活”の一因ではないか。
そういう私もおニャン子に感化された一人。

今回CM出演したメンバーは今も芸能活動を行っている子が中心だが、
白石麻子とか布川智子(フッくんの妹)が出てきたのは意外。
個人的には立見里歌が出たのがちょっと嬉しかった。

さすがに満里奈とか工藤静香はこんな企画には絶対出ねぇよな。

ミネラルウォーター♪

宅配便が届いた。ミネラルウォーター「谷川連峰のうるおい天然水」ペットボトル12本。
JR東日本のビューカードのポイントでもらった景品。
水分はよくとるので、たぶん2月上旬にはなくなるだろう。夏場だったら1週間だな(爆)。

JR東日本のビューカードのポイントでもらった、ミネラルウォーター。

福神漬だらけ

冷蔵庫を整理していたら、福神漬があちこちから出てきて、計4袋。
自分で買ったものもあるが、親が買ってきたのもある。
母親は最近忘れっぽいせいもあって、同じ食材や調味料を何度も買ってきたりする。
味噌やマヨネーズや油揚げばかり、4つも5つもあってもしょうがない(笑)。

すでに賞味期限ぎりぎりのものも。
こないだのゴーゴーカレー&ハヤシライスの時に持参すりゃよかったかな(苦笑)。
今日の夕食はレトルトカレーにするか。

福神漬、こんなにあってどうすんだよ(苦笑)

ハヤシライスとゴーゴーカレー

1月13日、おなじみ六本木BRAVE BARでのライブ。
3日前に見たばかりだというのに、また。
ライブの詳細(→出演者と客の暴れっぷり)は以下のブログで。
ともろーさん
夏音(カノン)さん
音羽(おとは)さん

みんな、カッ飛んでたなぁ。どこかのでかい客もカッとんでたけど(笑)。

この日限定の特別メニュー・ハヤシライス。
付け合わせにサラダ、鶏手羽のスープ、山芋のピクルス。
とにかく量が多い!味は文句なし!

1/13、六本木BRAVE BARでの特別メニュー、ハヤシライス。付け合せも豪華。

…実は六本木へ行く前、御徒町のゴーゴーカレーで
ロースカツカレー・チーズトッピングを食っていたのだよ。
エコノミーサイズだけど。キャベツお代わりも。
BRAVE BARに行く前、ゴーゴーカレーでロースカツカレー(チーズ追加)を食っていた…。

横浜・関内「山科」でのライブ写真

1月10日、横浜関内のライブスペース兼居酒屋「山科」にてライブを見てきた。
今回もともろー氏とその仲間たち、通称「珍獣ファミリー」によるライブ。
詳細は出演者の皆様のブログへ。
 ともろーさん→1 2 3 4
 森園玲奈さん
 三四郎さん
 なとちんさん
 夏音(カノン)さん→1 2

ここでは、まだ未公開の写真を少し。

なとちんさん。 Project2&なとちん。夏音(カノン)さん、今日もエロい。 Project2のboogieさん。これ、何てキャラだっけ?
三四郎さん。別名・パンクドランカー。 丘由宇さん。読者モデルでもある。 森園玲奈さんと四宮功裕さん。
ともろーさん。 四宮さんとその仲間のコラボ。 豪華な顔ぶれのセッション。一番左側の工藤雄一さんは本職はピアニストながら飛び入りでベースも弾く。すごすぎる。
ご両親と来ていたナナちゃん。9歳! ナナちゃんにちょっかいを出そうとして見つかった三ちゃん。 三ちゃん、山科のママと熱い抱擁。

山科のママさん、また会いたいねぇ。

今日のカップ酒「よしかわ杜氏」

よしかわ杜氏」は新潟県西部の旧・吉川町(上越市に合併)で造られる日本酒。
従来の日本酒と一線を画す銘柄や鮮やかなラベルが象徴するように、
製造元のよしかわ杜氏の郷は設立が1998年と新しく、
歴史ある蔵元がしのぎを削る地酒どころ新潟では異色とも言える存在。
その風味は新潟の辛口端麗を更に先鋭化させたようなドライさとキレ。

「よしかわ杜氏」。歴史は新しいが存在感があるドライさ。

もともとは吉川町の地域おこしを狙って設立された「よしかわ杜氏の郷」。
日本酒の他、安全な地元の食材を使った食品やジェラートを作り、
「地産地消」「ロハス」「スローフード」といった近年流行のキーワードを実践するとともに
道の駅を作ったり、積極的に首都圏で試飲販売を行うなど知名度拡大に努めている。

Say-you!パフォーマンスドールお披露目ライブ

ごく一部で噂の(笑)Say-you!パフォーマンスドール(以下、SPD)のお披露目ライブを見てきた。
かつて90年代前半に存在し、篠原涼子などを輩出したグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)。
SPDはその再来&声優版と言えるグループで、TPDを監督した中村龍史氏が再び演出。

ライブの場所は渋谷ルイードK2(原宿はもうないもんね)。
1/3~5に1日2回ずつ計6回の公演。その中で一番空いていそうな4日の昼公演を見た。
ここは以前にも来たことがあるが、広さは原宿ルイードと大差なしか。
オールスタンディング。初日は満員だったらしいが、今回の観客はざっと6割程度。
観客層は大きく分けて3種類。出演者の家族、出演者の友人or声優仲間らしき女の子たち、
そしていわゆるコアな男たち。特に最前列に陣取る10数名。
私はTPD初期のルイード時代を知らないので顔ぶれが分からないが、
TPDジャンキーの残党よりも声優ヲタが多いと思われる。徳永愛ライブで見た顔もいる(笑)。
見た目の平均年齢異常に高し。推定over35。

まず、ステージに7人が登場。これが事実上の中心メンバーか。全員が黒で統一した身軽な衣装。
「say-you,Say-me~」で始まるオリジナルソング。当然ダンスあり。
交互に立ったり座ったり回ったり、全体の連動した動きの妙は中村演出の得意技。
その後、メンバー全員(たぶん。欠席者がいるか不明)が登場し、
「港のヨーコ・ヨコハマヨコスカ」、一人だけ残り、あべ静江「みずいろの手紙」と
懐かしいナンバー。せりふがアニメ声なのがアンバランスでおかしい。
たぶんそれを意識してせりふのある懐かしい曲を選んだのだろう。
続いての、ギター2人を従えてのロック調の曲は、明らかに弾いているふり。
今度は網やトングを持って歌う、たぶんオリジナルのコミカルな焼肉ソング。
全員が道具を手ににぎやかに歌い踊る様は、ビバケセを意識しているようにも。

後半は中村演出の肝とも言えるダンス中心の構成。
曲はすべてオリジナルかアニメソングか。
腕立て伏せとか腹筋とか、筋肉ミュージカルを思い起こす
サーキットトレーニングのような振り付けに続き
ノンストップで10分近くも踊り続けるクライマックス。
これはよほどの体力がないとできないよね。
それぞれ事務所に所属している声優(の卵)がここまでやる、ということに対する
感動と達成感、そしてファンが彼女たちの成長を感じることに意義があるのだろう、
それはTPDの時と変わらない。
メンバー紹介は踊りながら2本のマイクを見えないよう交互に受け渡し、
一人一人自ら名前を言う、ちょっと手品っぽい演出。
最後にボディクラップ(体を平手で叩いて音を出す)から「Say-you!」と決めのポーズ。
まさしく筋肉ミュージカルだ。

終了後、数十秒。伝統の早替えで全員が再登場。
もともとの黒の衣装の上にピンクのTシャツ(グッズ)とジーンズを着るだけなので簡単だが。
最後のお礼の挨拶以外、MCなし。これも伝統だね。


SPDを立ち上げた経緯には、AKB48のブレイクに多分に影響された部分があるに違いない。
あちらには秋元康という、おニャン子の実績を持つ大物がついているとはいえ、
常設の小会場で連日公演、1軍2軍制、無名の少女たちが成長し人気を得てゆくストーリー性。
それら多くの要素はもともとTPDが先駆けだったはず。
TPDこそがオリジナルという自負心が中村先生を動かしたというのは穿った見方か。
それに声優という、これまた一大勢力を誇る分野を掛け合わせての挑戦。
世間からは逆にこちらが二番煎じに見られてしまう可能性もあるだろうが、
今後の展開を注目していきたい、やや冷静に(笑)。

階段途中のグッズ売り場ではTシャツ、生写真などが売られていた。
Tシャツはサイズがないのでパス。生写真は場外で違法販売が出るようになったら一人前(笑)。

三が日最終日

今年は正月三が日が土日と重なっているので、今日がUターンラッシュのピークらしい。
都心へ向かう宇都宮線上りの各停に乗ったら案の定、家族連れやら何やらで混雑。
網棚は大きなバッグや紙袋で埋まっている。
そこへ各駅から初詣客or買い物or近場の家族サービスと思しき人々が
次々乗ってきて、すし詰めに。
たまりかねて途中駅で降り、約10分後に来る後続の快速に乗ったら空いていた。
座れるほどではなかったが立ち客わずか。
たぶん時間帯や接続が悪く、さっきの各停に乗ったほうが早く着くのと、
乗降客の多い途中駅を通過するからであろうと推測。

さいたま市内で、川崎ナンバーの車を見かけた。よく見ると車内に浦和レッズの小旗が。
俺と逆のパターンか(笑)。

近くのビル内にあるファミリーマートへ行ったら、年末年始は完全休業。
オフィスビルの奥の方にあって道路からは分からない場所なので
需要がないのであろう。
穴場として愛用していたのだが、裏を返せばそういうリスクもあったわけか。

初夢にまで出るか

普段夢はあまり覚えていないのだが、
今年の場合は元旦の夜に見た夢、つまり初夢は結構はっきり覚えている。

長期間休職して復職したら、上司や同僚が冷たく、
全体進捗ミーティングでは袋叩きに遭う
…。

これって、今の状況に結構近くないか?
初夢は一年間の吉凶を占うものとされるが、どう考えても吉じゃないよな?

翌朝の箱根駅伝。東洋大の柏原が山登りの5区で激走するのを見て、
いいなぁ、スタミナと根性がある奴は、としみじみ思う。

年末のこと ~また宇都宮~

元日。午前中は寝ていて、昼過ぎに起き、
TVでサッカー天皇杯決勝を見て(ガンバの遠藤すげぇ)、
あとは年賀状の返事書きなどで穏やかに過ごした。
経費削減のせいもあってか、元日のTVは若手のお笑いばかりだねぇ。

全然関係ないが、年末の30日にまたまた宇都宮に行ってきた。
帰省ラッシュと重なり、行きは各駅停車にもかかわらず大混雑。

宇都宮市中心部にある廃屋のようなビル。今年も取り壊されずに年越し。
しかし前回(2008年末)訪問時の写真と比べてもらえると分かるが、
1階のタクシー営業所も撤退。残ったテナントは2店のみのようだ。
大宮駅東口の第一ビル(高島屋の向かい)のように、それでもまだまだ使うつもりか。
あちらは再開発で取り壊されるはずが、再開発自体が頓挫したせいもあって
ネカフェやペットショップ、つけ麺屋が入居するなど頑張っているみたいだが。

宇都宮市の中心街にある古いビル、今年も取り壊されないまま年越し。

デパート跡地では24階建ての超高層マンションを建設中。
しかしすぐ隣は由緒ある二荒山神社。景観とかで揉めないのだろうか。

宇都宮市中心部、二荒山神社横のデパート跡に、24階建ての超高層マンションを建設中。

餃子を食うわけでもなく、地酒と「とちおとめ」(いちご)の生どら焼きを土産に。

初日の出2010

大晦日は六本木で、ともろー氏の年越しライブに参加、
カウントダウンの後で鍋をつつき、まだ真っ暗な朝6時に帰宅。
快晴でもあり、どうせなら初日の出を拝んでから寝ようと思い
待っていたら7時前に遠くの雲から鮮やかな太陽。
こうして初日の出を意識的に待ったのも生まれて初めて。
結構、異例尽くしの年末年始だ。
埼玉の自宅から眺めた初日の出。

富士山もくっきり。あの雪をかぶった山頂は今頃、
初日の出を眺めたい登山客でごった返しているのだろうな。
元日の富士山。

謹賀新年2010

あけましておめでとうございます。

今年も大変な年になるかと思います。
がんばりましょう、と安易に言いたくありませんが
耐えたり我慢したり踏ん張ったり、という機会は
昨年以上に増えることでしょう。
やっぱり、生きるためにがんばらなくちゃいけないのだろうな。

ブログはマイペースで続ける予定です。

うーん、そうっすねー

ホントに気が向くまでブログの書き込みをしないでいたら
いつの間にか年末になっていた。

会社のほうが相変わらずの状況でもあることから、
再び上司に交渉して年末年始休みを早めに取らせてもらった。
小旅行に行ったりもしたが、そのアップはまた気が向いたらということで。
義務感が先に立つようになったら、ブログは終わりにすべき。

で、大晦日なので2009年を振り返る、といっても別にないよね。
不況だ、仕事がない、ボーナスがない、体調が優れない、などなど
ネガティブな言葉ばかりが並ぶ。
とりあえず生き永らえて良かったな、ってな感じ(笑)。ま、いっか。

今年は初めて実家で家族とではなく、ライブで新年のカウントダウンをする予定。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。